今 月 の 写真 ・ 画 像


(44)今月の写真・画像は   岩船寺  五輪塔     (国指定重要文化財)
                                    
京都府木津川市加茂町岩船上ノ門43
 
    この十三重石塔に説明は有りませんでした。
  
 見やすい処の台座に「重要文化財 十三重石塔 鎌倉時代 金剛界四仏梵字薬研彫」と書いた木札が
 寄りかけて有りました。

  山門を入って右側に寺務所が有り、此処にある五輪塔と十三重の塔の位置を聞きながら、私達がこの塔を
 主に見に来た事を伝えるとと、「ここの五輪さんをモデルにしたいからと関東から石屋さんがが良くこの塔を見
 に来ています」と言っていました。撮影の許可を頂き拝観料をはらい見学を始めました。
 
 入り口から参道の左側に石室(重要文化財)がありその左奥に五輪塔(重要文化財)があり、石室の右側を歩いて
 いくと左側に十三重石塔(重要文化財)がある。その奥に木造の三重塔(重要文化財)がある。
 
西面 南面 東面 北面
   
 この右の写真の木造三重塔(重要文化財)には一層ごとの四隅に尾垂木上で隅木を支える隅鬼があり
いくつかの木造三重塔を見てきましたが隅鬼がいるのはこの塔が初めてで大変珍しいのではないでしょうか。
石屋の目
 この石塔は大変バランスよくできている石塔で現在造られている十三重
石塔の基本になっているような気がします。鎌倉時代から現代にいたるま
で地震などによって倒壊した形跡がありません。
 
 右の写真は、石室不動明王(重要文化財)石は花崗岩(御影石)奥壁
には不動明王像を刻って有ります。
 手前左右に2本の角柱を立て、これらで屋根を支える。応長2年(1312年)
の銘があるそうです。
                 

                          平成24年5月31日見学撮影

石室不動明王(重要文化財)
 次回をお楽しみに



 お問合せは  om@smiyabi.com  まで



戻る