今月の写真(25)       涌泉寺の九重塔      (国指定重要文化財)

滋賀県蒲生郡蒲生町鋳物師

   案内板より
     国指定重要文化財
     
          石造九重塔
                                       
                                         涌泉寺
     
     この九重塔は鎌倉時代(1299年)に建立された塔…?、塔身に囗囗囗氏「永仁三年?正月七日」の刻銘がる。
     基礎・塔身・笠・相輪からなり、塔身からの高さ四.四メートルと非常に高い、塔身の四方には仏像を刻んで
    いる。
     鎌倉時代の特徴を各部で表し在銘の九重塔として非常に貴重である。

                                                       蒲生町教育委員会 


                           案内板の字が読みにくく誤字が有ると思います、すみません。
 東   面 南  面  北  面 西  面
       
 ※この塔を見学するには、田んぼの中にこの涌泉寺が有り、下の写真の山門が無ければ普通の民家と思い、
通り過ぎてしまう程の場所にありますが、注意して見ればこの塔がそびえ立っています。
 
涌泉寺山門
 
石屋の目
 この塔は、笠石の厚みが厚く全体の高さを、十三重塔と同じ
様な高さにしている、造られて700年経ちその間、地震等により
倒壊したと思いますが、損傷が少なく残されています。
  
 

 お問合せは  om@smiyabi.com  まで

戻る